脂肪をかたずけ、GLP1ダイエットは人生の棚卸し

NHKスペシャル『密着ドキュメント 片づけ 人生をやりなおす人々』が、2019年4月14日にNHK総合で放送を思い出しました。

 

同番組では片づけコンサルタントの「こんまり」こと近藤麻理恵にフォーカス。近藤麻理恵は、自ら提唱する「こんまりメソッド」で人々の生活を変えていく様を捉えたNetflixのリアリティーショー『KonMari ~人生がときめく片づけの魔法~』で世界的な注目を集めている。ということで、この放送を見ました。

 

最初に、「着れない服が着れるようになるか」という話題から始まったので、あれ、これって、普段から「GLP1ダイエット」の指導をしている時に、最も女性から喜ばれるフレーズと、そっくりだったので、なにか共通点はないか、と思いつつ番組を見終わりました。

 

お片付けは人生の棚卸し、、この言葉は、ぐっとくるものがあります。

 

GLP1ダイエットは、減量、特に体内から脂肪だけを取り除こうとする医学的治療です.
だが、それは、脂肪は忌み嫌うものではなく、脂肪に感謝して、それを大切な思い出として、捨てていく、、こういう姿勢は、これまでの医療には無かった発想かもしれません。

 

糖尿病では高血糖があるだけで、脂肪が溶け痩せます。血糖をさげると、血液中のブドウ糖が脂肪に変わるため、太りやすくなります。ですから、皮下脂肪がつくということは、実は「良い思い出」だったりすることがあります。

 

ですが、その「良き思い出」も、そのままにしておくて、その価値が解らず、次第に記憶の中に、ちらかしてしまうようになり、現実は「悪しき現実」となって見えてきているわけです。

 

物を捨てられない理由は、ふたつしかない。
1つは、過去への執着、カタをつけられないこと
2つめは、未来への不安

 

この台詞も、ダイエットにおいても、似ています。

 

太っていた時には、それなりに、美味しいものを食べ、中高年になると、しわがきえたり、年よりも若くみえたりすることがあるので、それなりに、良かったことだってあったはずです。それが、ダイエットをすることによって、忘れさられてしまうことは、多少、不安を感じることは多いことがあって、当然かもしれません。

 

未来への不安、、これは、将来、このままの肥満でいくと、どうなるんだろう。糖尿病になっていかないだろうか? 若い女性であれば、幸せな結婚生活が維持できるのだろうか、という不安に、繋がっていくのかもしれません。

 

ならば、

 

脂肪を捨てられない理由は、ふたつしかない。

 

1つは、過去への執着、カタをつけられないこと
2つめは、未来への不安

 

という態度で、しっかりと、「脂肪を捨てる」ことに罪悪感を感じるのではなく、太っていた頃の自分に感謝しつつ、それを、思い出として感謝し、カタをつける。そのことで、未来への不安、新しく、蘇る自分に、不安ではなくて、希望を託していく、、そんなモチベーションの移動が、とても大切だということを、この番組から、教わりました。