-4kgで、うなじ美人。大和撫子

昔、BMIというインデックスがなかった頃、
あるいは、CTによる内臓脂肪測定とか、も、なかった頃、
肥満の定義という測定法があって、
専用の測定装置で、皮膚をはさんで、その厚さで、測定していた時期がありました。

 

その時の日本では、
女性の肥満は、上腕の下側の皮膚をつまみ、厚さを測定。
男性は、お腹の皮膚を、たしか、縦につまんで、その厚さを測定。(たしかでありません。ただ、横つまみだと、かなり、誤差がでやすい、という印象があり、そう記憶していただけかも)

 

そういう測定が普通でした。女性は、お腹の皮下脂肪ではなかったのです。

 

ダイエットを希望される女性は、まず、「お腹」を気にされることが多いのですが、

 

先日、GLP1ダイエットで、-4kgから5kg(?)、減量に成功された
受診者の女性が来院されました。(口頭で許諾をいただいたので、ここに記載しています。もちろん匿名です。)

 

外見をみて、おどろいたのが、背中から、うなじ。首すじまでの脂肪が、ざっくりとおちて、本当に、素敵な「うなじのきれいな日本女性」、ていう感じに、変貌してました。

 

会社の人たちからも、きれいになったね、て、言われるようになったそうです。

 

やまとなでしこ【大和撫子】
② 日本女性の清楚な美しさをたたえていう語。

 

 

こういう言葉が、ぴったり。かな、という感じです。もちろん、正面からみても、おきれいなのですが、ついつい、うなじをみたくなる、という感じです。

 

男性の目線としては、女性のお腹をみにくいですけど、うなじなら、じっと見ることができます。だから、会社でも、周囲から、きれいになったね、と言われるというのは、なるほど、と思いました。

 

試しに、Googleに、「うなじ」と入力すると、「うなじ美人」という用語が、リコメンドされて、でてきます。

 

つまり、女性にとっての、やせる、ということは、上半身から首すじにかけて、の、減量が、美、につながりやすく、そのセンスが、日本では、「肥満の定義」として採用され反映されていたのだったかもしれません。

 

たしかに、昔は、着物をきて、帯をまいていれば、お腹のサイズは、いかようにでも隠せました。だから、上半身が大事。。

 

そういうことだったのか、、

 

と、今さらながらに、感心して、思い起こしておりました。