運動で、女性のセックスが変化する。

欧州糖尿病学会(バルセロナ、2019)で、こんな学会発表があったことを思い出しました。え、こんなこと、学会で発表するんだ、日本ではありえない!という内容。発信元はポーランドの学者。

 

Physical activity pretects woman with type 1 diabetes against sexual dysfunction.
J. Flotynska, et al.  EASD, 2019, P840

 

 1型糖尿病がある状態では、活動が低下していると、セックスの満足度が減る。

 

運動量が増えることで、女性は、lubrication(濡れる) とか、orgasm(オルガスム) の回数が増える、

 

という内容。

 

The International Physical Acitivity Questionnaire (IPAQ) という、国際的な活動指数を図る質問中に、その2項目があり、1週間に、MET-分(1368MET-minutes/week) の活動をしている女性と、それ以下の活動しかしていない女性とで、2群間、比較をした結果、1週間に、1368 MET-分の活動をしている女性のほうが、lubrication も高く、orgasmも高かったそうです。

 

GLP1ダイエットをすると、身体が軽くなり、運動が好きになります。その結果、性生活での女性の満足度が向上するという、理論的裏付けができます。

 

1368MET-minutes/week の運動、て、どのくらいの運動? 

 

気になるところです。添付する図表を参考にしてください。

 

このMETを積み上げて1週間に1368 MET. 7日分なので1日にすると、195METsの運動が必要。例えば水泳は5分で11METs。195Metsを消費するには、88分、約1時間半の水泳が必要となります。

 

いずれにしても、GLP1は食欲ホルモンで、食欲はコントロールできます。その上で運動を増やすことは必須事項です。ですから1日、200METs以上の運動をすれば、GLP1ダイエットは夫婦生活を直す、もしかしたら、セックスレスの改善につながるかもしれません。