なぜ太ったりやせたりするのですか

「 最後のダイエット 」の 連載

Q2 なぜ太ったりやせたりするのですか

 

A 太る、やせる、という理由は非常に明快です。 摂取エネルギーと消費エネルギーの差で決まるのです。 摂取エネルギーとは、いわば食べた食べ物のエネルギーのこと。一方、消費エネルギーとは、 使ったエネルギーのことです。 消費エネルギーをもう少しくわしくいうと、基礎代謝量に活動エネルギーをプラスしたものです。 基礎代謝量とは、活動しなくても使わざるをえない、命を保ち体を維持するのに最低限必要なエネルギーのことです。

 

消費エネルギーより摂取エネルギーが多ければ、使われない分のエネルギーが脂肪として体に蓄えられて太ります。 逆に、 消費エネルギーより摂取エネルギーが少なければ、 不足分を補うために体内の脂肪を燃焼させるので、 やせることになります。

 

要するに、 食べる量によって太ったりやせたりするわけで、 それは満腹感や空腹感とは関係していません。あくまで、摂取エネルギーと消費エネルギーの差がプラスになるかマイナスになるかに左右されるのです。                                                       

   

出典   最後のダイエット
     鈴木吉彦 著  (株) 主婦の友社 発行